心と体

救世主、その2

昨日、肩こりの話をしましたが、疲れ目も相当なもの。

そして、どうにもならない眠気に襲われた時は、コレ。

071018_012729

こちらも、月並みですが「目薬」

充血も取れて、スッキリするのは、やっぱり「バイシン」かなぁ。

数年ぶりに目薬を購入したのですが、バイシンもすっかり種類が豊富になっていて、驚き!

ただ、目薬って「味」がするのがたまにキズ。私は、半日ぐらい、のどの奥に「味」が残ります。

「味」のしない目薬って、ないのかしら・・・。

|

救世主、現る!

今週はまともに睡眠時間もとれず、ほぼ一日パソコンに向かう毎日が続きました。

そうすると、元々肩こりの私の肩も「痛い」を通り越して「無感覚」に・・・。かなり末期です。

そんな時の救世主アイテムがこれ。

071018_012507 月並みですが、低周波治療器。

このコ、かなりハイパワーで、私のコチコチの肩を一生懸命タントンしてくれるのです。

随分助かってます。

|

3つのR

昨夜、テレビを見ていたら、睡眠障害の話題が。

私は、昔からわりとたっぷり眠らないと気が済まないタイプだったのですが、サイトを開設し、活動を始めた頃からじゅうぶんな睡眠時間がとれない日々が続き、日中に一瞬意識がなくなるほどの強い眠気に悩んだ時期がありました。

最近はそのような異常なまでの眠気に襲われることはなくなりましたが、最近は睡眠障害に悩む方も多いとのこと。

その多くが「概日リズム睡眠障害」

概日リズムとは、いわゆる体内時計で、光や温度などを感じとって睡眠・食事・活動といった、生体リズムをコントロールしています。

明るいうちは、じゅうぶんに活動できるようにエネルギー消費が盛んで、暗くなると体は休息のための準備を始めます。

「朝日をしっかり浴びると目が覚める」

「夜遅い時間の食事は太りやすい」

などと言われているのは、概日リズムによるものです。

いわゆる、昼夜逆転生活を送っている場合や時差ボケなども概日リズムが上手くコントロールできない状態となっていて、長期間続くと体の不調をきたす場合があります。

私も、眠る直前までパソコンで仕事をしていることが多いのですが、これは概日リズムが狂いやすく、質の良い睡眠を得るには好ましくないことなのです。

確かに。朝方、少しの物音で目が覚めたり、目覚めが極端に悪かったり・・・。思い当たることが山ほどあります・・・。

ところで、そのテレビに出られていた専門家の先生によると、睡眠障害を改善するには、「3つのR」が大切だとのこと。

3つのRとは、Rest(休息)・Relax(リラックス)・Recreation(レクリエーション)の頭文字。

この3つのRによって概日リズムをととのえるだけでなく、ストレスによる睡眠障害などの改善に効果的だそうです。

これは、ダイエットにも同じことが言えると思います。少しでもストレスを軽減して、気持ちのバランスを調えることでダイエット効果が大きく変わる場合があるからです。

「なかなか痩せられない」方、自分が思っている以上にストレスが溜まっているのかもしれませんよ。

|

私のストレス発散方法

最近、「ストレス社会」とも言われますが、人間というものは普通に生活しているだけでも何かしらのストレスというものは感じているものです。

人間の体は、ストレスによってビタミンCを多量に消耗するので、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、アレルギー症状が悪化するおそれがあります。

そう、ストレスを溜め込むことは精神的にも身体的にも良くないのです。

そんな私のストレス発散方法、といいますか、元気の元は「笑い」

ちょっと嫌なことがあってもゲラゲラ笑うと、憑き物がとれたかのようにスッキリするのです。

元々、お笑いが好きな私のコレクションがこれらのDVD。

2007_02030021

どんどん集まってきて、ツタヤの「バラエティ」コーナーみたいになってきました。

最近、笑うことによる健康効果なども注目されているほど、笑うことというのは健康にも良い影響を及ぼすのです。

特にダイエット中は何かとストレスがたまりがち。

私の持論でもありますが、いかにストレスを溜めないかによって減量の結果も違ってくると思います。

私のサイトにも「ストレスで男は痩せ、女は太る?」という記事がありますので、興味のある方は一読いただければ、と思います。

|